スポンサードリンク

税理士の資格をとるために

税理士は、国税局直轄の国家資格です。

税理士の仕事は、企業に代わって税の申告や申請、不服の申し立て、税務書類の作成などを行い、税務全般の相談を受けることです。

この資格の受験資格は、大学・短大で法律学・経済学のいずれかを1科目以上取得した者、簿記検定1級取得者など、その数13通りあります。

試験は5科目ありますが、科目合格制を採用しているので、全5科目に合格すれば何年かかってもよいことになります。

そのため、就業者でも勤めながら勉強をし、数年計画で取得しようとする人も増えているようです。

税理士も教えたがらない秘密は
⇒ http://www.infotop.jp/click.php?aid=112008&iid=5090



また、女性の取得者も割合が多くなってきている資格でもあります。一人でも独立して開業することができる(会計事務所など)ような資格なので、独立志向の人や若年層の受験が非常に多くなっています。
また、起業などに先立って、社会保険労務士や中小企業診断士などの資格も取得しておいて業務範囲を広げるダブルライセンスの人も少なくないようです。

この資格は人気があり、なおかつ合格率が10〜15%ほどです。そのため、独学以外にも専門学校や資格スクール、また通信教育など、さまざまな勉強法を選ぶことができます。

ただし、資格がとれそうといっても、いずれも大変お金がかかってしまうので、独学以外は自分の懐と相談してからとなるでしょう。


こちらに「税理士」が教えたがらない凄技があります





最後までお読みいただきありがとうございます

タグ:税理士
posted by 資格 | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。